企業には、人材を確保するための採用担当者がいる。彼らの役割は、開発現場に必要とされる人材を調達することである。しかし、技術職にとって、開発に必要とされる技術水準を持ったエンジニアを見つけ出すことは簡単ではない。高度な技術が開発に必要であるほど、人材獲得のチャンスは小さくなる。

採用担当者では手に負えないような条件の厳しい人材を確保するには、ヘッドハンティングサービスを利用するという手段がある。技術関連の業界では、求めている条件の技術力を持った人材を探す企業から求人のニーズが多くある。このような需要を踏まえて、必要な人材を獲得するために高いスカウト能力を持ったヘッドハンティング専門業者が、難しい条件の中での人材調達の役割を果たす。彼らは、技術開発の業界でどのような優れた人材がいるかについて、多くの人材情報をストックしている。その中から、クライアントが求めている条件にあった人材を確保できるのだ。

また、ターゲットにコンタクトを取ったとしても、必ずしも起用に応じてくれるとは限らない。ヘッドハンティング業者の交渉の腕が求められ、交渉次第ではターゲットから好印象を得ることができる。優れた技術者が、ふさわしくない仕事で消耗するよりも、その高い技術を必要とされる職場に出会えた方が、業界全体の発展にもつながる。スカウトの役割を持つヘッドハンティング業者が、求人と人材とのマッチングの役割を果たしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です