どのエンジニアも、より有利な仕事を得るために技術力向上に力を入れている。その中でも、高い技術を身につけることができた技術者たちがいる。彼らは、技術者人口の中でもごく限られている存在であり、その数は少ない。このことが、ますますヘッドハンティングによる待遇の良さを高めている。希少性がある人材を獲得するため、スカウト同士の競争もある。複数のオファーを受けているエンジニアには選択肢があり、どのスカウトの提案をうけるかを決める権限を持つ。そのような立場に立つことができれば、得られる報酬も非常に大きい。

また、そうした仕事は難度が高いケースが多いものの、さらなるスキルアップのきっかけにすることができる。限られた人口であるヘッドハンティング対象の技術者になるためには、多くの困難がある。しかし、技術者として仕事に従事する以上は、目指してみることも有意義である。努力して優れた技術者を目指すことは、決して無駄にならない。たとえスカウトが受けられるような立場に立つことができなかったとしても、手に入れた技術力が今後の仕事で得られる報酬へと着実につながる。

このような、技術者がより高い技術力を求めて切磋琢磨している動きが業界の中にある事は、業界全体の技術発展に勢いがある。技術力の伸びが大きな技術開発の業界について観察してみれば、そこには優れた技術者たちが盛んにヘッドハンティングされている状況が存在する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です